YOSEGAKI寄せ書き- ZENIBAKO FES ONLINE 2020 –

銭フェスonline2020 無事終了
出演者・スタッフ・関係者に加え、オーディエンスの皆様にも参加いただき、
感謝の気持ちや感想などを自由に寄せ書きにしてみました。

昨年はコロナによってリアル開催は難しかったけれど、オンラインでの開催という経験値を積むことができました!!力を添えてくれたみんなには本当に感謝を伝えたいです。ありがとう!!この経験をバネにして、パワーアップしたとも言えるように想いは変わらずうねっています!
今年も必ずやります!!2021も、銭函フェスでもあいましょう!!

テロワールミュージシャン
中田 雅史

銭函フェス ONLINE 2020に関わった皆様、世界中でご視聴くださった皆様、ありがとうごさいました! 個人的にも初のオンラインライブとなり、貴重な経験が出来ました。 2021年の銭函フェスでまた皆さんと同じ時間を共有できたら嬉しいです!

アーティスト
中田シュンゴ

銭函フェス2020がオンラインでの開催だったことで、会場を飛び出して、ずっと向こうまで繋がりを感じられたのは、私にとって驚きと、可能性の広がりに、ワクワクでいっぱいでした!同時に、やはり会場でお会いできる時間が宝物だという実感も強くなりました。銭函フェス2021も楽しみ!!

二胡とうた 凛子

銭フェスがあってよかった。自分の暮らす長野の土地をより愛おしく想った。銭函に集まる人たちに出逢ってずっと一緒に歩いてる感じがする。これからも長野からいのちの響きを飛ばしていきたい*銭フェスありがとう◎感謝!

きむらのりこ

2020年はオンラインで開催という経験を積んだだけでなく、チームが呼応し、多様に対応しながら、音楽で想いをお伝えするという心を改めて感じる年となりました。今後も銭函フェスが誰かの追い風になったり、癒したり、誰かの心に届いたら嬉しいです。

作曲家・プロデューサー
景井 雅之

世界平和

シゼントトモニイキルコト
ソガイハルミツ

コロナ渦の中でもまさしくん始め、スタッフの皆さんがオンラインで銭フェスを開催してくれました!今の時代に合った方法でどんどん銭フェスが進化していくのを感じています!私は2020年は参加が難しかったけれど、2021年は銭函のピアノの弾きとして、皆さんと一緒に地元銭函を盛り上げられたら嬉しいです!

銭函のピアノ講師、ピアニスト
奥村果歩

昨年はコロナの影響により、アメリカからのオンライン参加でしたが、音楽を通して雅史さんはじめ、銭フェスの皆さんと繋がることができて光栄でした!これからもパワーアップしていくこと、多くの方に音楽の力を伝えていけるフェスだと信じています!今年も皆さんと一緒に参加できることを願っています!!

シンガーソングライター
木歩

銭函フェスでつながるすべての皆さん、それぞれが先の見えない不安の中で、様々な思いを抱えていると思います。そんな中にあって皆さんの支えにより2020年「オンラインフェス」が開催できたことは本当に感謝に堪えません。そして今年2021年 よりパワーアップした開催をお約束する事、継続して行く事が皆さんへの恩返しではないかと考えています。 銭フェスが、皆さんの何かの役に立てますように。是非これからも応援よろしくお願いします。 ありがとうございました。

銭函フェス実行委員長
林 慎一郎

2017年 中田雅史に伝えた、母さん的想いが2018年にカタチとなって3回目。地球が大きく変化する中で、オンライン開催できたことに感謝!!観ていただいた方!メッセージ、楽曲を寄せてくれたミュージシャンの皆さん!ライブの出演者!会場の光超寺!配信スタッフ、実行委員の仲間!みんなにありがとう!!若き人がこれからの未来に、光を見いだせますように!若い世代の応援団!ずっと続けます! 2021もやる気満々な言い出しっぺです!

銭函フェス実行委員
大友 幸江

銭フェス2020がコロナの影響で苦渋の中止を発表してから、「銭フェスの火は消せない!」と急遽のオンラインでの配信決定。関係者の団結力と行動力の強さを改めて感じた銭フェス2020でした。初めてのことだらけでしたが、無事に開催ができて本当に良かったと思います。2021年も開催ができることを期待しています!

銭函フェス実行委員
宮田 和慶

スタッフ初心者として参加させていただきました。リアルには無観客で、でもネットの向こう側にはたくさんの方々が!という初体験にどきどきでした。みなさんの顔は見えなくても、想いが確実に届いているのを感じました。これからの銭フェスもよろしくお願いいたします!

銭函フェス実行委員
伊地知 恭右

昨年の銭フェスは、コロナ感染防止のため「オンラインでの開催となり、従来の形では」中止となりました。今年こそ、この閉塞感に満ちたコロナ禍を吹き飛ばして、銭函の町を銭フェスでおおいに盛り上がることを期待したいと思います。やはり人と人が集い、ミュージシャンとオーディエンスがひとつになるグルーブ感は、ライブじゃなければ、味わえません。今年こそ光超寺でお会いできることを楽しみにしています。    合掌

光超寺住職
河崎 遵英

ZENIBAKO FES 2020